令和6年2月度

伸びしろを求めて

               小野山 淳 堂

佛立寺について

  当山は佛立開導日扇聖人のご自建立にして、佛立宗に於ける最初道場であり安政六年(一八五八年)八月、中大谷における大津本門佛立講開講がそのはじまりです。

 歴史あれこれQ&A

 慶応二年、開導聖人によって造立された「常夜灯」は高さ一丈五尺、約5メートル。笠、火袋が大きく、腰の辺りが大きくくびれて、そこにまだ深い太い字で「常夜灯」と彫られています。


防災訓練実施

令和6年1月21日(日)

 東日本大震災から佛立寺では防災危機管理委員会が設立され、佛立寺の防災について推進をしてきました。

 去る1月21日に教講一体で防災、火災避難訓練を実施しました。

 当日は大津市の中消防署から消防自動車も出動頂き、防火について、消火器の使い方の実践指導を頂きました。

門前にちょっと立ち止まって

 門前の掲示板には月替わりの「言葉のおくりもの」を掲示しています。今月の言葉は・・・・・・。

上の写真をクリックすると、以前の掲示板をご覧になれます。



当山は、コロナ禍で厳しい環境下にある当山ご信者方が経営される事業所・店舗を応援しています!